ここから本文です

麗しい…ティモシー・シャラメに、アルゼンチンの新星も!危うげな魅力をまとった美男子たち<写真13点>

8/18(日) 21:30配信

Movie Walker

整ったルックスと浮世離れした雰囲気を持ち、スクリーンの中で存在感を発揮する“美少年”。登場するだけで観客を魅了してしまう美しい男子たちが登場する映画が、この週末に立て続けに公開されている。そんな作品を麗しい写真と共に紹介していきたい!

【写真を見る】ティモシー・シャラメら美男子の映画が続々公開!<写真13点>(『ホット・サマー・ナイツ』)

■ 飛ぶ鳥を落とす勢いな“あの美男子”の魅力を堪能!『ホット・サマー・ナイツ』

『君の名前で僕を呼んで』(17)に出演し、その繊細な演技でアカデミー賞にノミネートされると、稀代の美少年として注目を集め続けているティモシー・シャラメ。話題作にひっぱりだこな彼が主演を務めるのが、甘くせつないひと夏の青春模様を描いた、気鋭のスタジオA24製作の『ホット・サマー・ナイツ』(公開中)だ。

1991年のマサチューセッツ州の小さな海の町ケープコッド。父を失った痛手から抜け出せず、叔母の住むこの町で夏を過ごすことになった主人公の少年ダニエルは、観光目的の都会人にも地域の住民たちにもなじめないでいた。そんな時、地元のワル、ハンターと出会ったことで、恋にドラッグにとクールで危険なひと夏の経験をすることに…。

シャラメは主人公のダニエルを演じ、ダウナーで影を感じさせる佇まいが、喪失感を抱えるキャラクター像に見事にハマっている。そんなダニエルがハンターと出会い薬の売買に手を染めることで自信をつけていく様子や、ハンターの妹マッケイラと恋に落ち、デートや初めてのキスを経験するウブな姿など、心の機微を表現したシャラメの様々な表情が満載。危ういひと夏を表現した淡い色調もまた彼の美しさとマッチしており、まさにシャラメを堪能できる一本。彼以外にも、ハンター役のアレックス・ローのワイルドな色気にも注目だ。

■ “アルゼンチンの新星”の色気が炸裂!『永遠に僕のもの』

同じく現在公開中の作品で、美男子が圧倒的な存在感を放っているのが『永遠に僕のもの』。本作は、1971年にアルゼンチンで殺人と強盗の罪で逮捕され、その美しい顔立ちから“黒い天使”と言われた実在の犯罪者をモデルに、衝撃的な実話を、青春という側面を交えながら描いたクライム・ムービーだ。

留守の豪邸に忍び込み、レコードをかけて一曲踊ると、高価な戦利品を手にバイクで帰宅するという悪事を働いていた17歳の少年カルリートス。両親にそのことがバレて転校させられるが、そこで野生的な魅力を持つ青年ラモンと出会うと、惹かれ合った2人は、共に様々な犯罪に手を染めていくことになる。

カルリートス役を演じているのは、本作が映画デビューとなるロレンソ・フェロ。優雅なブロンドのカーリーヘアに、はっきりとした幅広の二重とぷっくりとした唇という美しい顔立ちは、弱冠20歳ながらセクシーなオーラがムンムン。ダルそうにタバコをくわえたり、ニヒルに笑ってみたりと存在感抜群で、すでにカンヌをはじめとする海外の映画祭で話題となっていることも納得の演技を披露。これからの活躍からも目が離せない存在だ!(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:8/18(日) 21:30
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事