ここから本文です

HY地元にミュージアム メンバーがファンと交流 ツアーのオブジェ展示 沖縄うるま市「海の文化資料館」内で

8/18(日) 9:15配信

沖縄タイムス

 沖縄県うるま市与那城の海の文化資料館内に先月末開館した、市出身のバンド・HYのミュージアム「HeartY Museum(ハーティー・ミュージアム)」が盛況だ。17日にはメンバーが訪れ、ファンとの交流を楽しんだ。キーボードの仲宗根泉さんは「ここを拠点にみんなで新たな歴史を作り上げていきたい」と意気込んだ。

 ミュージアムはクラウドファンディングで資金を募り、沖縄の自然の豊かさを伝えていく取り組み「HeartY活動」の拠点として7月27日に開設された。2013年以降のツアーでファンと作り上げたオブジェや、来場者が自由にメッセージを貼り付けられるガジュマルのオブジェなどが展示されている。

 同館によると1日から16日までの来館者数は昨年の同時期を上回るペース。館独自の企画展示などもあり単純に比較はできないが、担当者は「問い合わせも増えており、HY効果はあるのではないか」と話す。

 ミュージアムは教室をイメージした造り。ボーカルの新里英之さんは「将来ここで子どもたちにいろいろな授業ができたら」と将来の夢を膨らませている。

 ミュージアムがある海の文化資料館は午前9時から午後4時半まで開館。入場無料。月曜日と祝日の翌日が休館日。月曜日が祝日の場合は翌日が休館になる。

最終更新:8/18(日) 9:15
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事