ここから本文です

鷹、逆転勝ちで再び5ゲーム差に拡大 コラスが初打席初球本塁打、高橋純が3勝目

8/18(日) 18:04配信

Full-Count

ソフトバンクは7回、松田宣と明石の連続適時二塁打で逆転、西武は平井が誤算

■ソフトバンク 5-4 西武(18日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逆転勝ちで、2位との差を再び5ゲーム差に広げた。18日、本拠地ヤフオクドームでの西武戦。1点ビハインドの7回、松田宣、明石の連続適時二塁打で試合をひっくり返して、このカードの勝敗を1勝1敗とした。

【画像】ホークス和田と阪神鳥谷がお互いの肩に手を回し、カメラに向かって笑顔…ファンも「ステキ」「最高」と喜んだ貴重な2ショット写真

 初回、内川の適時二塁打で先制すると、2回にはこの日1軍初昇格を果たしたコラスが史上9人目となる初打席初球本塁打の偉業を成し遂げて1点を追加した。3回にはグラシアルもソロを放ってリードを広げた。試合をひっくり返されて迎えた7回、1死二塁から松田宣が左翼線への適時打を放って同点。さらに続く明石も適時二塁打を放って逆転に成功した。

 先発のミランダは3回までパーフェクトピッチング。だが、4回に3連打などで2点を失うと、5回にピンチを招いたところで降板。3番手の松田遼が3連続四死球で2点を失い、一度は逆転を許した。だが、6回の甲斐野、7回の高橋純が6連続奪三振で流れを引き寄せると、味方打線が逆転に成功。8回をモイネロ、9回を森が凌いで逃げ切った。高橋純が今季3勝目をあげた。

 西武は痛恨の逆転負け。先発の十亀が3回までに3点を失う苦しい展開だったが、4回に中村、栗山、外崎の3連打などで2点を返し、5回には3連続四死球で2点を奪って逆転した。だが、7回に3番手・平井が2点を許して逆転された。球団タイ記録の9戦連続2桁安打中だった打線もこの日は7安打に終わった。このカード1勝1敗となり、首位ソフトバンクとの差は5ゲームに逆戻りとなった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:8/18(日) 21:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事