ここから本文です

LUNA SEAドラマー・真矢さんが盛り上げ 志賀、酒見大祭

8/18(日) 1:17配信

北國新聞社

 志賀町酒見で17日に行われた少彦名(すくなひこな)神社の秋季祭礼「酒見大祭」に、人気ロックバンド「LUNASEA(ルナシー)」のドラマー真矢(しんや)さんが参加した。同所出身の音楽関係者に誘われたことが縁となり、3回目の参加となる今年は、友人ら約200人を連れてきた。真矢さんは住民に促され、ばちさばきを披露するなど観衆を沸かせ、約220世帯の集落が熱気に包まれた。

 真矢さんは能楽師だった父の影響で幼少期から和太鼓に親しみ、大の祭り好きとして知られる。

 酒見大祭には2013年に初めて参加し、大祭を締めくくる深夜の宮入りでは、神輿(みこし)の鳳凰(ほうおう)の飾りを神社に納める役を任された。15年には東京などに住む友人ら約140人を誘い、再び祭りに加わった。

 「地域の方がフレンドリーで、神輿とキリコの距離が近い祭りの雰囲気が面白い」という真矢さん。4年ぶりにスケジュールの調整がついた今年は、妻で元「モーニング娘。」メンバーの石黒彩さんを初めて連れて参加し、襟に「真矢神(み)輿會(こしかい)」、背中に「眞」と入ったそろいの法被を着た友人らと住民の輪に加わった。女優の高島礼子さんの姿もあった。

 真矢さんは記念撮影の求めにも快く応じ「来年以降も時間を合わせて、ぜひ参加したい」と笑顔を見せた。安田朗区長は「わざわざ足を運んでくれてうれしい。祭りが大いに盛り上がり、地域の活性化につながる」と感謝した。

北國新聞社

最終更新:8/18(日) 1:17
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事