ここから本文です

ルカクと再びチームメイトに?サンチェスがセリエA移籍か

8/18(日) 10:47配信

ゲキサカ

 インテルがチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)の移籍ついてマンチェスター・ユナイテッドと交渉中だという。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 2018年1月にMFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでアーセナルから加入したサンチェス。クラブ伝統の7番を託されたが、高額のサラリーに見合った活躍を披露できておらず、ここまで公式戦45試合で5ゴールにとどまっている。

 そのため今夏の退団が噂されており、インテルが獲得に動いている模様。サンチェスは過去にウディネーゼでプレーした経験があり、イタリアでの実績は十分にある。また、今夏にユナイテッドからベルギー代表FWロメル・ルカクが加わり、再びチームメイトになる可能性があるようだ。

 なお、インテルはサンチェスのほかに元トッテナムのFWフェルナンド・ジョレンテ(34)、フランクフルトのFWアンテ・レビッチ(25)、ライプツィヒのFWティモ・ベルナー(23)、ナポリのFWアルカディウシュ・ミリク(25)に興味を示しているという。

 ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、サンチェスが構想内であると主張し、サンチェス自身も残留を望んでいるようだが、この交渉は成立するのだろうか。イタリアの今夏移籍市場閉幕は9月2日までとなっている。

最終更新:8/18(日) 10:47
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事