ここから本文です

渋野日向子が軽井沢の“新人賞”を受賞 歴代受賞者には“ピンク・パンサー”も

8/19(月) 7:07配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6705ヤード・パー72>

優勝と本賞を競り合った原英莉花と健闘をたたえ合う

「NEC軽井沢72ゴルフ」で優勝者、ベストアマチュア受賞者のほかに、本大会でもう一人表彰式に参加するのが『ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72』の受賞者だ。受賞対象者は、17年から18年の日本女子プロゴルフ協会の新人会員と、18年度から単年登録をしている新人選手とUSLPGAの新人選手。その中から、本大会において最上位となった選手に同賞が贈られる。

今年は渋野日向子が受賞したが、歴代の受賞者はどんな選手がいるのだろうか。昨年は今や上位の常連となった松田鈴英。17年は永井花奈、16年は森田遥が受賞している。2週前の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で今季2勝目を挙げた成田美寿々も、13年の受賞者だ。

ほかにも、2005年にはピンクの服が好きなことから“ピンク・パンサー”の愛称で親しまれる、ポーラ・クリーマー(米国)も輝いた。同年の米女子ツアー「サイベース・クラシック」で18歳9ヵ月で優勝し、当時の米女子ツアー最年少優勝記録(18歳9ヶ月)を樹立した、今や米ツアー10勝のスターだ。

以下、直近の受賞者一覧。

2005年:ポーラ・クリーマー
2006年:具倫希
2007年:三塚優子
2008年:原江里菜
2009年:佐伯三貴
2010年:甲田良美
2011年:アン・ソンジュ
2012年:ジャン・ウンビ
2013年:成田美寿々
2014年:山代奈々
2015年:ペ・ヒギョン
2016年:森田遥
2017年:永井花奈
2018年:松田鈴英

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8/19(月) 7:07
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事