ここから本文です

『いだてん』で五輪メダルラッシュの狂喜乱舞回! 阿部サダヲも感激

8/19(月) 6:01配信

マイナビニュース

NHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)の第31回(8月18日放送)では、ロサンゼルスオリンピックで日本の水泳チームが大健闘し、メダルラッシュとなった! 日本男子水泳チームだけで、合計12個のメダルを獲得し、前畑秀子が女子水泳界初のメダルを獲得することに。

【写真】「主役たすきリレー会見」の阿部サダヲ

選手たちを率いた我らがまーちゃんこと田畑政治役の阿部サダヲにインタビュー。阿部は「本当に盛り上がりました」と、この回の撮影時を興奮しながら振り返る。また、極寒の中、過酷なロケを敢行したエキシビションのシーンの撮影秘話も明かした。

――撮影現場のプールで、日本チームに大きな声援を送った感想を聞かせてください。

すごくワクワクしました。実際プールにいましたし、その時に撮った映像もあとで見せてもらいましたが、水泳の競技と同じように、選手と並走するカメラ目線でずっと見ていくと、本格的な感じがしました。また、アメリカ側は、実際に現役の水泳選手が泳いでいたりしたのですが、そこを俳優たちと競わせるわけです。彼らが真剣になっている表情を見られたことも、本当に良かったです。

田畑さんは病気で水泳の選手を諦めたので、本当は自分がそこで泳ぎたかったという思いが絶対にあったはず。だから、見ているだけでもうれしかったと思います。

――ロスオリンピックで“実感放送”をするNHKアナウンサー・河西三省役のトータス松本さんも、そのロケに参加されていたそうですね。

ロスオリンピックと、ベルリンオリンピックのロケをそこで行いました。トータスさんは実況席にいましたが、すごく盛り上がっちゃって、声をからしていました。ベルリンでの「頑張れ前畑!」というシーンは、すごくいいシーンになっています。また、エキストラの方たちにもすごく楽しかったと言って帰ってもらえたので良かったです。


――エキシビションのシーンでは、なんと田畑さんも泳いだのですね。

エキシビションは、嘉納治五郎さんが勝手に「日本泳法でやればいいじゃない」と言って、決まってしまったので大変でした。4月の初旬で、外のプール、しかも夜のシーンで。みんながふんどし一丁になってやったので、寒さが堪えました。また、日本泳法が難しいんですよ。

――日本泳法は、独特の泳ぎ方ですよね。かなり練習されたのでしょうか?

みんな相当練習しました。本番は3mくらいの深さのところでやっていたんですが、長回しが多いので、いつ終わるのかもわからない状態でずっと泳がなければいけなくて。立ち泳ぎだから、足がついてない状態だし、「オリンピック」と書いて見せるんですが、けっこうきつかったです。

それが終わったあと、外国の選手がバーッと飛び込んでくるのですが、そのアドリブが凄くて。抱きついてきたり、引っ張ったりするんです。オンエアには入ってなかったと思いますが、小さい声で「おい、やめろよ」と言ってしまいました(苦笑)。


――日本選手が次から次へとメダルを獲っていく姿を見ると、かなりテンションが上がりますね。今後描かれるベルリンオリンピックや東京オリンピックのシーンも大いに期待したいです。

2部では、オリンピック選手の数が圧倒的に増えました。金栗さんが初めて出た時は2人でしたしメダルを取れなかったけど、ロスオリンピックだけでも、ものすごい数のメダルを獲りました。

ロスオリンピックでは、他の国の選手たちとも和気あいあいとしているシーンがあり、それはオリンピックならではの醍醐味だなと。みんなで踊るシーンもすごく楽しかったですし、そういうお祭り具合、選手たちが楽しんでいる姿が、ものすごく良かったと思います。


■プロフィール

阿部サダヲ(あべ・さだを)

1970年4月23日生まれ、千葉県出身の俳優、歌手。大人計画所属。大人計画の俳優らとバンド「グループ魂」を結成し、ボーカルの「破壊」としても活動。2007年、『舞妓Haaaan!!!』で映画初主演し、第31回日本アカデミー賞主演男優賞優秀賞を受賞。2010年のNHKドラマ『離婚同居』で連続ドラマ初主演。映画の近作は『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(18)。


(C)NHK

山崎伸子

最終更新:8/19(月) 6:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事