ここから本文です

集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」のクラウドサービスが提供開始

8/19(月) 9:10配信

MONOist

 ウイングアーク1stは2019年8月1日、集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」をクラウド上で利用できる「Dr.Sum Cloud」の提供を開始した。利用規模や目的に応じた3タイプのサービス(Small、Medium、Large)を用意する。月額使用料は、Smallが25万円、Mediumが50万円、Largeが200万円から。初期費用は50万円(全て税別)となる。

「Dr.Sum Cloud」のサービスラインアップ(クリックで拡大) 出典:ウイングアーク1st

 Dr.Sumは企業のシステム内にある蓄積データを統合し、高速で集計分析するBIツール。今回提供を開始する新サービスは、このDr.Sumのデータベースエンジンをクラウド上で利用し、高速集計環境を構築できるものとなる。

 同サービスの導入により、BIダッシュボード「MotionBoard」の分析基盤として、クラウド上でストレージおよび高速集計環境を構築可能になる。これによりユーザーは、機器の手配や環境構築、サーバ稼働管理などを必要とせずに、分析環境の開発に作業を集中できる。また、自由なデータベース設計も行える。

MONOist

最終更新:8/19(月) 9:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事