ここから本文です

あさか開成 初日本一 いわきで「フラガールズ甲子園」

8/19(月) 8:32配信

福島民報

 文部科学大臣杯全国高校フラ競技大会「第九回フラガールズ甲子園」は十八日、いわき市のアリオスで開かれた。最優秀賞(総合一位・文部科学大臣賞)にあさか開成が初めて輝いた。優秀賞(総合二位)に湯本、特別賞に平商(同四位・常磐音楽舞踊学院賞)、いわき総合(同五位・初代フラガール賞)、磐城一(同七位・大和証券賞)がそれぞれ選ばれ県勢が上位に名を連ねた。

 実行委員会の主催。県内九校(いわき支援学校、勿来工、平商、湯本、磐城高等芸術商科総合学園、好間、あさか開成、磐城一、いわき総合)を含む過去最多二十六校が出演し、課題曲と自由曲の部の合計得点で競った。

 最優秀賞のあさか開成は課題曲「Aloha Hula」で全出場チームの最高得点を獲得。自由曲のタヒチアン「マタロア」では生命の息吹をテーマに、タヒチ島のジャングルや暖かい風、美しい海を表現した。リーダーの降矢花さん(三年)は「昨年二位だった悔しさが一位を取ろうという決意に変わった。努力は報われると、うれしい気持ちでいっぱい」と語った。

 十九日午前九時半から、市内のスパリゾートハワイアンズで入賞高によるエキシビションが催される。

 その他の入賞校は次の通り。

 ◇優秀賞▽総合三位=関東学院(神奈川)
 ◇特別賞▽総合六位・朝日新聞社賞=綾瀬(神奈川)▽総合八位・タウン形成外科クリニック賞=宮古(沖縄)
 ◇新人賞▽課題曲の部=川村(東京)▽自由曲の部=武田(広島)
 ◇奨励賞=いわき支援学校、小牛田高等学園(宮城)

最終更新:8/19(月) 10:13
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事