ここから本文です

「天声人語 2019年8月19日」

8/19(月) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 「拝啓 皆様にはお変わりはございませんか。私も元気に軍務に励んでおります」。大戦末期、特攻隊員だった山崎祐則(すけのり)さんは2年間で100通を超す手紙を高知県内の実家や親族宅に書き送った▼「私たちは決戦部隊ですから、訓練できしだい○○空に帰り、すぐ○○方面に空輸されます」。移動予定や人数は伏せられている。旧制中学時代に「青空高士(あおぞらたかし)」という筆名で漫画集を自作した腕前で、手紙の余白にもせっせと絵を描いた▼戦況の悪化とともに絵は減って、文面がとがる。「もうこれからも正月を高知で送ることはない」。…… 本文:625文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/19(月) 7:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事