ここから本文です

さくらさんの”静岡愛”を一堂に 静岡市のために描いた作品 市役所で特別展示

8/19(月) 15:00配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

昨年、亡くなったさくらももこさんが静岡市に残した貴重な作品を展示する特別展が8月19日から始まりました。

「こちら静岡市役所の清水庁舎なんですがこの一角には、さくらさんが静岡市に残したさまざまな作品が展示されています。」

19日から清水庁舎で始まったのは旧清水市出身のさくらももこさんが静岡市のために描いた作品の特別展示です。

市の求めに応じ「静岡市はいいねぇ」のフレーズとともに市内の名所などを描いたさくらさん。

東照宮や三保の松原、おでん街など2007年からの10年間でその数は22種類に上りました。

さらに、日本平動物園に何度も訪れていたというさくらさんが、まる子と動物たちを描いた直筆のイラストの原画など貴重な作品も展示されています。

「ちびまるこちゃんとか、まさに自分たちの幼少時代を描いたようなので、懐かしい気持ちになりますね。」

「自分もずっと小さいころから見ていた作品なので懐かしいという思いもありながら、またこの子も見てほしいなと思いながら見てました」

また、葵区の静岡庁舎にリニューアルオープンした食堂「茶木魚」でもさくらさんが描いた茶畑やオクシズのイラストを展示したりスクリーンに映し出したりして訪れた人たちを楽しませていました。

静岡市広報堀池さん「さくらさんが一生懸命、静岡市はいいねといって地元を応援してくださった気持ちを市民の方にも自分事として感じていただいて」

「静岡市ってこんなにいいんだなとお一人おひとりに感じていただけたらうれしいです」

いたるところにさくらさんの静岡への愛を感じることができる作品の特設展示は今月30日まで開かれています。

テレビ静岡

最終更新:8/19(月) 15:00
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事