ここから本文です

Web版Outlookのメールヘッダー問題

8/19(月) 12:30配信

アスキー

Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はWeb版Outlookのメールヘッダーに注目する。
本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。

【もっと写真を見る】

 Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はWeb版Outlookのメールヘッダーに注目する。
 
クライアントのIPアドレスを示す「x-originating-ip」
 あまり知られていないがWeb版Outlookを用いてメールを送信すると、クライアントに割り当てられたIPアドレスを含んだ「x-originating-ip」をメールヘッダーに付与する。一般的には"なりすましメール"問題を解決するために用いられるが、他方で利用者のプライバシー情報が流出してしまう問題も派生してしまう(IPアドレスをエンコードするX-EIPを用いた方が安全性は高まる)。
 
 Microsoftは2013年にコンシューマー向けOutlook(当時はHotmail)でx-originating-ipを取り除くことを決定しているが、上図で示したようにWeb版Outlookは依然と残っている。あくまでもx-originating-ipは、システム管理者が特定のIPアドレスから組織に送信されたメールアドレスを検索するために用いるため、必ずしも問題になるわけではないものの、企業によってはIPアドレスを秘匿したい場合もあるだろう。本稿の読者がOffice 365管理者であれば、メールルールを作成することで、x-originating-ipを削除することが可能だ。
 
 繰り返しになるが、セキュリティや利用者を監査する目的がある場合、本設定を行う必要はない。各企業の運用ポリシーに応じて選択していただきたい。
 
 
文● 阿久津良和 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

最終更新:8/19(月) 12:30
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事