ここから本文です

お盆の国内線旅客、台風で微減 国際線は前年やや上回る

8/19(月) 19:20配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空11社は8月19日、お盆期間(9日から18日まで、10日間)の利用実績を発表した。国際線のロードファクター(座席利用率、L/F)は各社とも90%前後で推移したものの、前年をわずかに割り込んだところが目立った。国内線は台風10号の影響により14日から15日にかけて欠航が発生したことにより、提供座席数と旅客数が前年を割り込んだ。

 11社の発表値を合計すると、旅客数は国際線が前年同期比0.1%増の72万7429人で、国内線は1.1%減の359万628人。提供座席数は国際線が0.7%増の80万5754席で、国内線は2.3%減の415万137席だった。11社平均のL/Fは国際線が0.6ポイント低下し90.3%、国内線は1.1ポイント上昇し86.5%となった。

 出発のピークは各社異なるが、下りは概ね8月10日、上りは18日となった。

◆ANA

 ANAの旅客数は、国際線が前年同期並みの32万4077人で、国内線は前年同期比0.4%減の158万5016人。提供座席数は国際線が0.5%増の36万9099席で、国内線は2.9%減の186万5101席となった。L/Fは国際線が0.5ポイント低下し87.8%、国内線は2.1ポイント上昇し85.0%だった。

 国際線の提供座席数は中国線のみ前年を下回り、旅客数は中国とアジア・オセアニア線以外が前年を上回った。ハワイ線は成田-ホノルル線に投入したエアバスA380型機により、提供座席数が54.9%、旅客数が55.0%増加。L/Fが95.1%となった。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が8月10日(96.5%)、上り(日本着)は18日(92.4%)。国内線は下りが8月10日(98.0%)、上りが16日(95.9%)が最も高い値となった。

◆JAL

 JALグループの旅客数は、国際線が前年同期比0.4%増の28万5205人で、国内線は2.5%減の118万3883人。提供座席数は、国際線が0.8%増の30万5315席、国内線は3.0%減の136万9051席となった。L/Fは国際線が0.4ポイント低下し93.4%、国内線は0.4ポイント上昇の86.5%だった。

 国際線の方面別L/Fは、韓国を除き90%を超えて好調に推移。国内線は中国・四国と九州方面を中心に欠航便が発生したことで、全体の利用者数が前年同期を下回った。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が8月10日(98.1%)、上り(日本着)は18日(97.8%)。国内線は下りが8月10日(98.3%)、上りが16日と18日(96.2%)が最も高い値となった。

◆スカイマーク

 スカイマークの旅客数は、前年同期比1.3%増の23万9859人、提供座席数は1.2%減の25万8951席。L/Fは2.2ポイント上昇し92.6%だった。

 搭乗日別のL/Fは、下りは8月10日の99.3%、上りは16日の98.5%が最も高い値となった。

Yusuke KOHASE

最終更新:8/19(月) 19:20
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事