ここから本文です

「またね」 福島県内Uターンラッシュ 19日緩和の見通し

8/19(月) 10:02配信

福島民報

 お盆を古里や観光地で過ごした人たちのUターンラッシュは十八日、県内の交通機関で続いた。十九日には緩和する見通し。

 JR東日本によると、東北・山形新幹線上りは午後から混み合った。新庄駅午後一時十八分発東京駅行き「つばさ144号」は、山形駅出発時点の自由席乗車率が130%に達した。

 福島市のJR福島駅では、お土産を持った家族連れの姿が見られた。お盆を同市の実家で過ごし、神奈川県に帰る大学生の高橋大地さん(21)は、おいの碧(あおい)ちゃん(5つ)と手を合わせ「またね」と別れを惜しんだ。

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)によると十八日、県内の高速道路は目立った渋滞は起きなかった。

最終更新:8/19(月) 10:24
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事