ここから本文です

“女性限定”Wシリーズ王者チャドウィック、2020年のFIA F3参戦目指すも金銭面が障壁に?

8/19(月) 15:02配信

motorsport.com 日本版

 女性ドライバーによって争われるフォーミュラカーレース、“Wシリーズ”。日本からは小山美姫も参戦するなど、注目を集めたこのシリーズの初代王者に輝いたのは、ウイリアムズF1チームの開発ドライバーも務めるジェイミー・チャドウィックだった。

【写真】現在FIA F2に参戦中の女性ドライバー、タチアナ・カルデロン

 現在21歳のチャドウィックは、チャンピオンを獲得したことで賞金50万ドル(約5300万円)を手にし、2020年のWシリーズのシートも保証されている。来年も王座“防衛”ということになれば、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを相当数獲得できると見込まれるが、このシリーズにライセンスポイントがいくつ割り当てられるかはまだはっきりしていないのも実情だ。彼女はできることならば、2020年にF1直下のカテゴリーであるFIA F3に参戦したいと考えている。

 しかし、FIA F3のトップドライバーの予算は100万ドル(約1億円)前後と言われており、Wシリーズの賞金だけでは十分ではない。チャドウィックはこの不足分を補うのは一筋縄ではいかないだろうと考えている。

「個人的にはF3にステップアップしたいのですが、現実的な選択肢ではないのかもしれません。予算関係がそう考える理由です」とチャドウィックは語った。

「あのシリーズ(FIA F3)には30のシートがありますが、本当に欲しいシートは6席しかありません。そういった適切なチームで戦うにはあと50万ドルかそれ以上が必要です。Wシリーズで得られる賞金は素晴らしいものですが、モータースポーツの世界ではその大金が一瞬にして飲み込まれてしまうのです」

「うまくいけばここ(Wシリーズ)で得られた関心と露出が、さらなる出資に繋がるかもしれません。ただ、そうならなかった場合に、もう1年ここで戦うチャンスがあるということは嬉しいです」

 チャドウィックが語ったFIA F3での“6席”というのは、シリーズを席巻しているプレマ・レーシングの3席と、名門ARTグランプリまたはハイテックの3席を指すと思われる。つまり、彼女は競争力のないチームでシーズンを過ごした場合、自身の評価を下げてしまう恐れがあると考えている。

「誰であろうと、そうなることでキャリアを台無しにしてしまう可能性があります」

「F1進むドライバーは皆、常にトップチームに所属し、適切な環境下にいるものです。だから私もそうでありたいですし、勇み足になりたくありません」

 Wシリーズ初代王者であるチャドウィックが他のカテゴリーで速さを見せることは、Wシリーズにとっても重要であると言える。彼女はその点について次のように語った。

「私だけでなく、グリッド全体(の選手の活躍)が、この選手権にとって重要です」

「私たち女性がトップレベルのカテゴリー、つまりF1に到達して実力を発揮しない限り、(女性ドライバーの実力に対する懐疑的な声を)完全に黙らせることはできないでしょう」

Jamie Klein

最終更新:8/19(月) 15:02
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事