ここから本文です

渋野日向子が“全英V仕様”で国内ツアーに出場? 「PING」が女性ゴルファー応援企画を実施

8/19(月) 15:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

ピンゴルフジャパンは19日、女子ゴルファー応援キャンペーンとして、国内女子ツアーで実施する企画を発表した。その内容は、今週の「CAT Ladies」から4週にわたり、渋野日向子をはじめ、鈴木愛、比嘉真美子らPING契約選手のキャップ・キャディバックのロゴを変更する、というもの。9月の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」まで、レディース用のクラブやアイテムなどに使用される小文字の「ping」ロゴをつけ選手は試合に出場する。

全英女子では“シンデレラ”と“妖精”もつけていました

国内ツアーでは多くの契約選手が、大文字で書かれた「PING」のロゴを身につけプレーするが、この期間は、少しばかり様変わり。9月からレディースゴルファーからの「真っ直ぐ飛ばしたい !」「カタチや見た目もこだわりたい!」という声に応えたドライバーからパターまでの『G Le2シリーズ』など、女性向けの新製品を発売する同社のキャンペーンを、契約プロも盛り上げる。

米国女子ツアーに参戦する上原彩子ら、海外の契約選手が試合中身につけている、小文字で女性らしい丸みを帯びたデザインの「ping」ロゴは、全英制覇時に渋野のキャップなどにもあしらわれたもの。それもあって、とても縁起のよい、“ゲン担ぎ”にもなりそうだ。対象は渋野、鈴木、比嘉をはじめ、一ノ瀬優希、カリス・デイビッドソン、大出瑞月ら。期間中は、普段とは“雰囲気”が少しだけ違う女子プロ達の姿を、お楽しみに!

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8/19(月) 15:00
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事