ここから本文です

(アフリカはいま TICAD7)アフリカ諸国、宇宙を目指す 少なくとも10カ国が衛星開発

8/19(月) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 人工衛星の開発など、宇宙進出を進める国がアフリカで増えている。通信環境の改善や食糧生産の向上など、直面する社会問題の解決につなげる狙いだ。技術の進歩で費用が少なく済むようになっていることが後押ししており、日本などが協力を進めている。

 昨年5月、ケニアのナイロビ大学がイタリアの大学の支援を得て開発した手のひらサイズの超小型衛星が国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」から宇宙空間に放出された。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが協力した。
 ケニア初の人工衛星。教育省のアミナ・モハメド長官(当時)は日本で中継を見守り、衛星が無事に放たれると「ケニアにとって歴史的な日だ」と喜んだ。…… 本文:1,166文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/19(月) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事