ここから本文です

4MHzの600mA DC-DCコンバーター

8/19(月) 11:30配信

EDN Japan

 トレックス・セミコンダクターは、600mA DC-DCコンバーター「XC9281」「XC9282」シリーズに、新たに発振周波数4MHz品を開発したと発表した。従来の6MHz品と比較して、実装面積を維持したまま高効率化できる。

1μHの1.0×0.5mmサイズのコイルが使用可能

 XC9281、XC9282シリーズは、HiSAT-COT(独自の高速過渡応答技術)制御を採用した600mA 同期整流降圧DC-DCコンバーターだ。参考価格200円で量産している。

 今回、新たに開発した4MHz品により、コイルは1μHの1.0×0.5mmサイズを使用できる。入力容量と出力容量には0.6×0.3mmのセラミックコンデンサーが使用でき、周辺部品を含めた実装面積を3.52mm2に抑えられる。

 これにより、実装面積の小型化および、低背化が求められる機器や、モバイル機器などのバッテリー駆動の機器に適している。

 また、独自の高速過渡応答技術により、負荷変動時の出力電圧を最小に抑えられ、FPGAのような瞬間的な負荷変動が大きい用途および、出力電圧の安定性が必要な機器にも適している。

EDN Japan

最終更新:8/19(月) 11:30
EDN Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事