ここから本文です

「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズにロカルノ栄誉賞「卑猥な世界は美しい!」

8/19(月) 15:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]初長編「Mondo Trasho」から今年50周年を迎え、自身のキャリアをユーモアたっぷりに振り返ったエッセイ「Mr. Know-It-All: The Tarnished Wisdom of a Filth Elder」を出版した、キング・オブ・トラッシュ・ムービーことジョン・ウォーターズが、第72回ロカルノ映画祭で、メインスポンサーであるマノールの名を冠したマノール栄誉賞を授与された。

 ウォーターズは現地時間の8月16日、8000人を収容する野外劇場ピアッツァ・グランデのセレモニーに登壇。今年就任した映画祭の新ディレクター、リリ・アンスタンが、「ウォーターズ監督はロカルノのスピリットにとても近い人です。インディペンデントできわめて自由、そして大胆でファニーだからです」と紹介すると、会場には大きな拍手が沸き起こった。

 ロカルノのマスコットである豹の形のトロフィーを授与されたウォーターズは、「素晴らしい気分です。まるで世界を旅する、車のないベスト・ドライビング・ムービーのようだ」と、彼特有のジョークを飛ばし、さらに「わたしはポリティカリー・コレクトなことをやっていると思っています。というのも、わたしが描くキャラクターは社会が彼らに向かって行使することを誇張し、それを彼らなりのスタイルに変え、そして最後には勝利するからです。勇気を持って、観る人を居心地のよいゾーンから連れだし、驚かせたい。卑猥な世界は美しいと伝えたい!」と語り、会場は拍手と笑いに包まれた。

 ロカルノでは彼の受賞を記念して、「ピンク・フラミンゴ」「フィメール・トラブル」「ポリエステル」「シリアル・ママ」「セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ」「A Dirty Shame」が上映された。なかでも映画史上初のオドラマ・システムを導入した「ポリエステル」は、オリジナルの上映方法にのっとり、「匂いつきカード」が配布され、観客は映画に出てくる指示に従い、カードをこすって匂いを嗅ぎながらの鑑賞となった。この記念すべき上映に、会場は老若男女の観客でほぼ満席となった。

 現地滞在中に各国のマスコミ取材にも応じた彼は、2004年の「A Dirty Shame」以来、映画を制作していないことに関して、ハリウッドでいくつかの企画が宙に浮いたままであることを明かした。またNetflixやAmazonプライムなどの配信サービスに関して、「劇場リリースされないことは、とくに気にかけない。みんなが断ったら僕の出番だ(笑)。最近では、新「ツインピークス」のようなドラマもとても面白かった」と語り、意欲をのぞかせた。

 さらにトランプ大統領に関して尋ねられると、「まるでジェフ・クーンズからインテリジェンスとアートの知識を取り去ったようなもの。ジェフ・クーンズはグッド・バッドテイストで大好きだが、トランプはバッド・バッドテイスト。もちろんトランプに関することすべてに僕はアンチを唱える」と答えた。

 今年73歳を迎えたウォーターズだが、そのショーマンシップと毒のあるユーモア、バイリティは健在。今のような時代だからこそ、その新作が待たれるところだ。(佐藤久理子)

最終更新:8/19(月) 15:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事