ここから本文です

江戸川学園取手高生 東北でO103集団感染 勉強合宿に参加の28人

8/19(月) 22:42配信

茨城新聞クロスアイ

茨城県は19日、取手市西の江戸川学園取手高校の生徒28人が、腸管出血性大腸菌O103などに集団感染したと発表した。入院患者や重症者はなく、全員快方に向かっている。

県健康危機管理対策室によると、感染したのは同校2年の男女28人。勉強合宿のため7月28日から8月2日の日程で東北地方の宿泊施設を訪れ、合宿に参加した2年生の生徒と教員ら計460人のうち160人が7月28日以降、下痢などの症状を訴えた。

今月9日に千葉県に住む男子生徒1人の感染について同県側から本県へ情報提供があり、その後の検査で18日までに本県と千葉県、埼玉県在住の生徒27人の感染を確認した。

茨城新聞社

最終更新:8/19(月) 23:11
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事