ここから本文です

医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる

8/19(月) 7:30配信

ねとらぼ

 お腹が痛くなったものの、「このくらいで病院にいっていいのだろうか」と悩んで3日行かなかった結果、医師に「我慢強いと死ぬ」と諭された体験を描いた漫画「腹痛と私」がためになります。

【画像】漫画を全部読む(全3ページ)

 3日間お腹に痛みを感じていた作者の生活学習さん。IBS(過敏性腸症候群)を患っている生活学習さんにとっては「割とよくある」ことだし、インドで食中毒になったときのほうがつらかった、と病院に行くのを迷っていました。しかし、「一応行ってみるか」とかかりつけの内科に行ったところ……。

 腸が動いておらずお腹がパンパン状態で、すぐに点滴されます。場合によっては大きな病院に搬送される可能性があるほど大変な状態で、医師は「え、3日もこれガマンしたの? なんで?」と驚きのコメント。

 大きな病院に搬送されることなく、なんとか快方に向かった生活学習さんですが、医師は、「我慢強いのはあまり良い事じゃないです。我慢強いと死ぬ」と諭し、お腹が痛かったらガマンしないですぐに病院に来ていいと伝えるのでした。

 確かに、体のどこかが痛くなったとき、どのタイミングで病院に行ったらいいか迷うこともありますね。しかも、生活学習さんのようにさまざまな痛みを経験していると、「あの時に比べれば……」と、さらに行き時が難しそうです。でも、迷っているうちに大変なことになってしまうかもしれません。痛みや違和感があったら、まずは病院に行ってみないと、と思わせてくれる漫画です。だって、受診してなんでもなければそれでいいんですもんね!

 生活学習さんは、ハムスターのうにさんや線維筋痛症の漫画などをTwitterで公開しています。

画像提供:生活学習さん

ねとらぼ

最終更新:8/19(月) 7:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事