ここから本文です

訪日外国人のおもてなし向上へ こどもガイドを養成 二本松

8/19(月) 10:06配信

福島民報

 訪日外国人(インバウンド)へのおもてなし向上などを目的とした「こどもイングリッシュガイド」養成講座は十八日、二本松市の県男女共生センターで始まった。二本松、本宮の両市と大玉村の中学二年生九人が受講し、実践的な英語力の上達を目指している。

 県県北地方振興局の主催。十一月まで全八回を予定している。初回は福島学院大非常勤講師のサインブヤン・オドバヤンさんが講師を務め、あいさつや日本文化について話したいときのフレーズなどを教えた。今後は単語や文法の基礎を学び、外国人との会話練習にも取り組む。

 十一月下旬には東京都の浅草寺で開かれる「福島県と安達地方の観光物産展」に参加し、ガイド活動などを行う。

最終更新:8/19(月) 10:30
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事