ここから本文です

叔父は重賞2勝のワールドエース! アナンダライトが田辺騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

8/19(月) 18:00配信

netkeiba.com

 先週このニュースで取り上げたブラストワンピースの半妹ホウオウピースフルが初陣を勝利で飾った。妹の勝利に背中を押され、兄ブラストワンピースも同日のメイン札幌記念を勝利。

 ブラストワンピースはこの後、凱旋門賞へ挑戦するとのこと。ホウオウピースフルにも兄のように世界に挑戦するような活躍を期待したい。

【8月25日(日) 新潟芝1800m】

◆アナンダライト(牡、父ジャスタウェイ、母レインボークォーツ、美浦・田村康仁厩舎)

 叔父にワールドエース(重賞2勝、皐月賞2着、ダービー4着)、ワールドプレミア(京都2歳S3着)がいる。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、7月下旬に帰厩。8月14日の追い切りはポリトラックコースで1勝クラスの3歳馬に先着しており、時計的にも水準以上の動きを見せている。

「ゲート試験を受けた頃は大きな体を持て余していたけど、本当に良くなって戻ってきた。きれいなフットワークをしているし、素質の高さを感じる。普段はおっとりしているけど、走り出せば真面目。追い切りを重ねる毎に上向いているし、初戦としては十分な仕上がりに持っていけると思います」と高木調教助手。鞍上は田辺裕信騎手を予定している。

◆ウシュバテソーロ(牡、父オルフェーヴル、母ミルフィアタッチ、美浦・高木登厩舎)

 2017年のセレクトセールに上場され、取引価格は2700万円。伯父にボールドブライアン(東京新聞杯)がいる。

「オルフェーヴルの産駒らしく馬っ気が強かったり、ハミを取らなかったりするなど気性的に幼いけど、雄大な馬体でパワーがある。いいモノを持っていそうだし、揉まれたりせずに気分良く走ることができれば初戦から楽しみ」と高木登調教師。

 鞍上は大野拓弥騎手を予定している。

◆リグージェ(牡、父ブラックタイド、母マルティンスターク、美浦・木村哲也厩舎)

 母は芝1600~1800mで4勝した。1歳上の異父兄にエングレーバー(現2勝、プリンシパルS2着)がいる。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、7月末に帰厩。8月14日の追い切りは芝コースで古馬のランガディアと併せ、追走して併入と上々の動きを見せた。

 木村哲也調教師は「まだ成長途上のところがあるけど、ひと追い毎に動きは良くなっている。どちらかと言うと持久力型でスタミナがありそうだし、長めの距離でゆったりと走らせたほうがいいと思います」とジャッジしている。

【8月25日(日) 札幌芝1200m】

◆チートコード(牡、父キンシャサノキセキ、母マリアベール、美浦・尾関知人厩舎)

 近親にナムラミーティア(函館2歳S2着)、タイキメビウス(アイビスSD3着)、ドラゴンファング(阪急杯3着)、ナムラビッグタイム(NZT3着、ファルコンS3着)、トウカイミステリー(北九州記念)などがおり、いかにもスピードタイプの配合だ。美浦トレセンで乗り込んでから札幌競馬場に移動した。

「見た目ほど重苦しさがなく、速いところに行くといいタイプ。パワー型で洋芝は合いそうだし、血統的にも短めの距離向きだと思います」と尾関知人調教師。鞍上は川田将雅騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

最終更新:8/19(月) 18:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事