ここから本文です

ホンダのティム・ガイザー、モトクロス世界選手権最高峰クラスでチャンピオン獲得

8/19(月) 16:26配信

レスポンス

2019 FIMモトクロス世界選手権の最高峰クラスMXGP(450ccクラス)にて、チームHRCに所属するティム・ガイザーがシリーズチャンピオンを獲得した。

[関連写真]

ガイザーは、ホンダのワークスマシン「CRF450RW」を駆り、8月18日にイタリアで開催された第15戦のレース1で5位でフィニッシュ。シーズンは3戦を残しているが、ランキング2位につける選手とのポイント差により、今シーズンのチャンピオンが決定した。カイザーはレース2も安定した速さを見せ2位でゴールした。

ガイザーは、スロベニア出身のライダーで、2015年にMX2(250ccクラス)の世界チャンピオンを獲得。翌2016年には、最高峰のMXGPにステップアップして、ルーキーイヤーでチャンピオン獲得を果たした。今回、ティム・ガイザー自身にとっては、MXGPで2回目のチャンピオン獲得となった。

●ティム・ガイザーのコメント

3度目のタイトル獲得ができて、素晴らしい気分だ。この2年間は厳しい戦いだったし、今季序盤も苦戦を強いられたので、それを乗り越えてチャンピオンに返り咲けたことは本当にうれしい。

今季は、CRF450RWと私自身を進化させていくため、全員で懸命に取り組み、成果を出せた。素晴らしいスタートが決まり、トラブルもなく、どんなコンディションでもマシンを快適に走らせることができた。ファンとチームメンバー、そして私を支えてくれたすべての皆さんに、本当に感謝している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8/19(月) 16:26
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事