ここから本文です

「仁川国際1人メディアフェスティバル」、大盛況に終わる

8/19(月) 13:15配信

WoW!Korea

韓国・仁川(インチョン)の松島(ソンド)にて、仁川市が主催・仁川テクノパークが主観の韓国内で初めての1人メディアの国際イベントで、昨年に続き2回目の「仁川国際1人メディアフェスティバル」が開催された。

 最近の韓国で、YouTubeを活用した1人メディアが人気で、活動分野や年齢層が徐々に広がっている。小学生が将来の希望の1位に“ユーチューバー”と挙げているのはもちろん、定年退職した人たちもクリエイターとして“第二の人生”を夢見ているほど。

 老若男女問わず観客が会場を訪れ、ヨヨミ、RISABAE、DDOTTYといった有名なクリエイターのライブ放送を見て、直接会い、体験できる空間はもちろん、クリエイターの活動に必要なカメラや三脚台、照明などの製品も体験した。

 また多くのクリエイターが現場の様子をスマートフォンやカメラで撮影し、リアルタイム放送をして、教育機関ブースで体験し、撮影方法を習ったりもした。

 現在、韓国の40~50代の男性に爆発的な人気のヨヨミさんは、YouTubeに1年前にデビューし、発表する曲は100万回以上再生されるYouTubeのスターとして、サイン会やライブを開催。テレビ出演ではなく、YouTubeが新たなK-POPスターを輩出する窓口として重要なモデルとなり、最近は韓国の有名芸能人も自分の日常生活をYouTubeで制作するきっかけになった。

 仁川市は来年の2020年はことしの経験をもとにさらに規模が大きく、そしてさらに充実したイベントを準備するという。

最終更新:8/19(月) 13:15
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事