ここから本文です

【スポーツクライミング】野口「びっくり」 2位で決勝進出

8/19(月) 16:37配信

東スポWeb

 東京五輪の切符がかかるスポーツクライミングの世界選手権第7日(18日、東京・エスフォルタアリーナ八王子)、女子コンバインド(複合)予選が行われ、野口啓代(30=TEAM au)が2位で決勝進出。スピード10位、ボルダリング4位、リードでは2位と安定した成績を残し「びっくりした。スピードは自己ベストが出たが、思ったより順位が良くなくて、ボルダーもいい登りができなかったので、最後に巻き返せるとは思ってなかった」と振り返った。

 今大会の複合では、上位7人に五輪出場枠が与えられ、その中で日本人最上位選手は代表に内定する。来年の東京五輪を最後に引退する意向の野口は「とりあえず明日はゆっくり休んで、決勝では全種目集中して、いいパフォーマンスをしたい」と意気込んだ。

最終更新:8/20(火) 21:39
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事