ここから本文です

差別も憎悪も野放し 無法サイトは閉鎖させるべきか

8/19(月) 8:23配信

ITmedia NEWS

 世界各地で大勢の犠牲者を出す憎悪犯罪が後を絶たない。その容疑者が犯行予告に使ったとされる匿名掲示板サイトの8chan。極右や白人至上主義のユーザーが集まる無法地帯と化したサイトは閉鎖させるべきだという声も強まっている。8chanはこのまま消滅するのか。それは凶悪犯罪の連鎖抑止につながるのか。

8chanへのサービス提供打ち切りを発表したCloudflare

 報道によると、8月3日に起きた米テキサス州エルパソの銃乱射事件では、容疑者の男が直前に、犯行を予告する内容を8chanに投稿していた。男はウォルマートの店内で銃を乱射し、買い物客など20人を殺害した。

 これに先立ち、3月にニュージーランドのクライストチャーチでモスクを銃撃した男も、4月に米カリフォルニア州サンディエゴ近郊のユダヤ教礼拝所を銃撃した男も、8chanに同じような犯行声明を投稿していた。いずれも移民や他宗教の排斥を唱える白人至上主義的な主張だった。

 8chanは「The Darkest Reaches of the Internet」(インターネットの最も暗い片隅)を標榜する匿名掲示板サイト。4chanのスピンオフとして2013年に開設され、4chanの監視強化に不満を持ったり主要SNSから締め出されたりしたユーザーのたまり場的存在になり、ユーザー同士で過激性を競う場へと化していったという。

 テキサス州の事件をきっかけとして、CDN大手の米Cloudflareは8chanへのサービス提供を打ち切った。8chanはCloudflareのライバル企業に乗り換えて一時的に復活したが、ここでも関連するインフラ企業にサービスを停止され、再びダウンした。

 メディア各社も「4chanと8chanは人種差別と性差別、白人至上主義の温床」といった記事を掲載し、8chan批判を強めている。Forbesに「8chanを削除しなければならない理由」という論説を寄稿したジャーナリストは、「犯罪をそそのかすフォーラムを容認してはならない。人種を動機とするテロを容認してはならない。テロ行為を賞賛する者は誰であれ容認してはならない」と訴えた。

 これに対し、「問題があるのは8chanではない。アメリカ人だ」と指摘したのはBuzzFeed News。「同サイトを閉鎖させたとしても、この新たな過激主義文化を根絶することはできないだろう。なぜなら8chanはどこにでも存在する。閉鎖に追い込めば、どこか別の場所に現れる」と予想する。

 実際に、8chanがつながらなくなった後にユーザーが急増したと伝えられるサイトもある。そうしたサイトの1つはこんな声明を掲載した。「ハイテク大手が人々を禁止するほど、ジャーナリストがGabや8chanのような企業を諸悪の根源と決めつけるほど、あなた方は我々を、誰にも止められない分散されたオープンソースの未来へと駆り立てる」

 8chanのコンテンツはダークWebへ移行したと伝えられ、本稿執筆時も普通の方法ではアクセスできない状態が続いている。

 米下院の国土安全保障委員会は8月15日、8chanの運営者に対して証言を求める召喚状を送ったと発表した。そうした当局の動きが無法サイトを閉鎖させる措置につながるのか。それともほとぼりが覚めたころに8chanは復活するのか。または代わって別のサイトやサービスが台頭し、同じことが繰り返されるのだろうか。

ITmedia NEWS

最終更新:8/19(月) 8:23
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事