ここから本文です

ヤフオク! オートバイ検索数ランキング、トップは大差で「モンキー」 2019年上半期

8/19(月) 20:08配信

レスポンス

ヤフオク!は、バイクの日(8月19日)にちなみ、2019年上半期のオートバイ関連検索ワードランキングを発表。「モンキー」が2位に大差をつけてトップとなった。

[関連写真]

ランキングは、2019年1~6月の「ヤフオク!」内検索キーワードから、車体名および「車体名 パーツ」など、車体とともに検索されているワードを合算。検索数が多い順にランキングした。

その結果、1位は、2017年に50ccモデルが生産終了となり話題となった「モンキー」。コンパクトかつおしゃれなスタイリングで50年以上に渡って愛され続けてきたモデルだけあってファンも多く、2位の検索数に1.7倍の大差をつけての圧勝だった。

2位はヤマハのロングセラーモデル「SR400」。販売当初から受け継がれるデザインに人気が集まっている。3位は「ニンジャ」の名称でも知られるカワサキの名車「GPZ900R」。2003年に惜しまれつつ生産終了となった後も根強い人気を持つ。このほか、「CBX400F」や「Z400FX」など、70~80年代の旧車名車が多くランクイン。また、ランキング上位車種は車体とともにパーツ需要も多い傾向となっている。

◆2019年上半期オートバイ関連検索ワードランキング

1位 モンキー
2位 SR400
3位 GPZ900R
4位 CBX400F
5位 Z400FX
6位 Z1
7位 カブ
8位 CB750F
9位 NSR250
10位 GS400

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8/19(月) 20:08
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事