ここから本文です

マッハスピード豪速球がもくろむ「ビートたけし杯」出場へのウラ技

8/19(月) 17:12配信

東スポWeb

 マッハスピード豪速球(坂巻裕哉=37、ガン太=35)が18日、東京・上野公園で行われた「第2回 江戸まち たいとう芸楽祭」(10月26日まで)のオープニングイベントに出席した。

「江戸まち たいとう芸楽祭」は本紙客員編集長のビートたけしが名誉顧問を務め、「夏の陣」と「冬の陣」に分けて現代へ継承された多彩な芸能・芸術文化を楽しめるお祭りだ。

 マッハスピード豪速球といえば6月に「DA PUMP」や三浦大知らが所属するライジングプロダクション傘下の新事務所ライジング・アップの所属芸人第1号になったばかり。坂巻は「三浦大知兄さん、DA PUMP兄さん、MAX姉さんと呼ばせてもらってます」と話すように、早くもなじんでいる様子だ。

 そんな2人は、今年1月の「冬の陣」で行われた「第1回 ビートたけし杯 漫才日本一」で優勝。賞金30万円と大会会場の「浅草東洋館1日エレベーターボーイ権」、そして「芸楽祭レギュラーメンバー権」をゲットした。

 来年1月に行われる「第2回 ビートたけし杯 漫才日本一」でも活躍が期待されるところだが、「前回大会の優勝者は参加できない」(関係者)という予想だにしない問題が…。このままでは尊敬するたけしに成長した姿を見せる機会を失うことになるが、これを知った坂巻は「前回優勝した副賞の『浅草東洋館1日エレベーターボーイ権』をまだ使用していない。これを大会当日に使用して会場に乗り込んだら、大会側も無視できないでしょう」と乱入予告。さらにガン太も「たけしさんに出場できるようお伝えください!」と懇願した。

「ビートたけし杯 漫才日本一」はマッハスピード豪速球にとって、記念すべきコンビの初タイトルとなった舞台。果たして、2人の願いはかなうか。

最終更新:8/19(月) 17:14
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事