ここから本文です

韓日外相 21日に北京で会談か=韓国外交当局「調整中」

8/19(月) 16:53配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】ロイター通信は19日、外務省筋の話として、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と日本の河野太郎外相が21日に中国・北京で会談すると報じた。

 会談は韓中日の3カ国外相会談に合わせて行われる。21日午後に開かれる見通しだ。

 ただ、韓国の外交部当局者は会談について「まだ調整中」と述べた。

 両氏は1日、タイで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)に合わせて会談を行ったが、大きな溝があることを確認するにとどまった。

 今回は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長期限(24日)や日本の「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から韓国を除外する政令の施行(28日)を控えており、注目を集めている。

 北京の消息筋は「今年末の韓中日首脳会談について議論する3カ国外相会談を機に、韓日両国の外相が会談すれば、破局を防ぐための議論が行われる可能性がある」と述べた。

最終更新:8/19(月) 17:27
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事