ここから本文です

韓国 きょうのニュース(8月19日)

8/19(月) 18:00配信

聯合ニュース

◇文大統領「対話の妨げになること減らすべき」 北朝鮮に自制促す

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、朝鮮半島の状況に関連して「割れやすいガラスの器を扱うように、一歩ずつ進む慎重さが必要だ」として、相手の立場を理解する知恵や真摯(しんし)な姿勢が必要との認識を示した。また、「対話に役立つことはどんどんやっていき、妨げになることは減らしていく相互の努力を共に果たしてこそ対話の成功を収められる」と述べた。非核化を巡る米朝実務協議の再開を控え、北朝鮮が相次いでミサイルを発射し、文大統領を非難して情勢を悪化させていることに懸念を示し、自制を促したものと受け止められる。

◇福島原発の汚染水放出問題 公使呼び日本政府に説明要請

 韓国外交部の権世重(クォン・セジュン)気候環境科学外交局長は19日、福島原発の汚染水の放出問題を巡り、在韓日本大使館の西永知史公使を呼んだ。韓国政府の憂慮や日本政府の処理計画の説明要請などが盛り込まれた口述書(外交文書)を伝達。口述書には福島原発の汚染水の処理結果が両国国民の健康や安全、国全体に与える影響を非常に厳しく認識しているとの内容が盛り込まれているようだ。また、汚染水の放出関連報道や国際環境団体の主張の事実確認や今後の処理計画などに関し日本政府に公式答弁を求める内容も含まれたようだ。

◇日本の輸出規制「経営に悪影響」 対韓国企業アンケートで過半数

 韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)の韓国経済研究院が発表したアンケート結果によると、売上高上位1000社(金融業を除く)の韓国企業のうち、回答企業の半数以上が日本の輸出規制により経営に悪影響が及ぶと答えた。政府に対しては代替輸入先の確保などへの支援を要望した。アンケートは7月29日から8月2日まで実施され、153社が回答した。このうち、日本の輸出規制が経営に悪影響を及ぼすと答えた企業は51.6%だった。

 ◇BIGBANG事務所創業者を取り調べへ 韓国警察

 警察関係者は、人気グループBIGBANG(ビッグバン)らが所属する大手芸能事務所YGエンターテインメントの創業者で、代表プロデューサーを先ごろ退いた梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)氏(49)を近く呼び出し、海外でギャンブルを行った疑いで取り調べる方針だと明らかにした。梁氏とBIGBANGの元メンバー、イ・スンヒョン(引退前の芸名V.I)氏(28)は海外でギャンブルを行うにあたり、現地で金を借りて韓国内で返済する方法で資金を調達したとの疑惑をもたれており、常習賭博・外国為替取引法違反容疑で立件された。梁氏は性売買あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反の容疑でも立件されている。2014年にソウル市内の高級飲食店で外国人資産家を接待した際に遊興酒店(キャバクラなどの風俗店)で働く女性を動員した疑いがもたれている。

最終更新:8/19(月) 18:00
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事