ここから本文です

山里亮太、スッキリでスタッフにブチギレ?「スポーツ紙の皆様、今こそ激怒記事です」

8/19(月) 10:59配信

デイリースポーツ

 南海キャンディーズの山里亮太が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、スタッフに対し“激怒”し、ツイッターでも「スポーツ紙の皆様、今です、今こそ激怒の記事の時です」とけしかけた。山里は一部スポーツ紙に、スッキリスタッフに激怒したという記事が掲載されていた。

 番組では「天の声」として出演している山里。「クイズッス」コーナーでは、GLAYが25周年記念ライブで2日で6万人を動員したニュースを放送した。山里はGLAYのニュースの時にはいつも歌ってしまうことから、この日も「口唇」が流れた際、途中から歌い出し、出演者を困惑させた。

 だが、最初から歌わなかったことで加藤浩次から「くるなら頭から来て下さいよ!」と突っ込まれ、山里は「後でネットニュースになるかもしれないけど、スタッフをボコボコにしてやろうかと思いましたよ!」と“激怒”。

 山里によると「名曲をお聴き下さい」というナレーションの後に最初から歌うはずだったようだが「いけると思ったらグチャグチャして、急に『口唇』が始まって、俺が積み上げてきたもの全部パーじゃないか」と、スタッフからの歌うタイミングの指示がしっかり伝わっていなかったようだ。

 これに山里は「くそったれ!」「どのポンコツがやってんだ、チキショー、この野郎」などとブチギレ。そして「今のやりとりでスポーツ紙に激怒って書かれちゃう。書けよ!」「二度と心開くか、チキショー」と叫び、スタジオも笑いに包まれていた。

 その放送後、山里はツイッターを即更新。「スポーツ紙の皆様、今こそ激怒の記事の時です。ただ山里じゃなくて天の声です」と訴え。そして、エレベーター内でこの日のゲストだった嵐の大野智が「優しい声をかけてくれたから気は晴れましたが、天の声は激怒しておりました」と重ねて主張。だが「ただ、その倍激怒しているファンの方がいるようなので黙ります。すみませんでした」とGLAYファンに謝罪していた。

最終更新:8/19(月) 13:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事