ここから本文です

瀬長亀次郎のドキュメンタリー第2弾、次女と監督が登壇する舞台挨拶決定

8/19(月) 16:09配信

映画ナタリー

政治家・瀬長亀次郎のドキュメンタリー第2弾「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」の舞台挨拶とティーチインの詳細が決定した。

【動画】「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」予告編(メディアギャラリー他5件)

戦後、米軍統治下の沖縄で祖国復帰を勝ち取るため闘った瀬長。本作では瀬長が残した230冊を超える日記を読み解き、私人としての側面にスポットを当てることによって、不屈の精神の根底にあるものを浮かび上がらせる。坂本龍一が音楽を担当し、山根基世と役所広司が語り手を務めた。メガホンを取ったのは佐古忠彦。

公開初日となる8月24日と翌25日には、東京・ユーロスペースでの全回上映終了後に佐古と瀬長の次女である資料館・不屈館館長の内村千尋によるトークイベントが開催される。24日には数量限定の来場者プレゼントとしてフェイスタオルまたはふろしきを配布。また8月31日には10時20分の回、13時の回、15時40分の回上映終了後に、佐古とプロデューサーの藤井和史によるティーチインも行われる。舞台挨拶とティーチイン終了後には、劇場ロビーでパンフレット購入者へ向けた佐古のサイン会も。今後本作が公開される劇場でも佐古が登壇する舞台挨拶が予定されている。

8月17日から先行上映が行われている沖縄・桜坂劇場では、初回と2回目の上映が満席となった。初日の動員記録は、2年前の同時期に公開された「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」を上回る結果に。

「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」は8月24日より全国で順次上映。

■ 「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」公開記念イベント
□ 舞台挨拶
2019年8月24日(土)、25日(日)東京都 ユーロスペース
10:20 / 13:00 / 15:40 / 18:20の回終了後
<登壇者>
佐古忠彦 / 内村千尋

□ ティーチイン
2019年8月31日(土)東京都 ユーロスペース
10:20 / 13:00 / 15:40の回終了後
<登壇者>
佐古忠彦 / 藤井和史



(c)TBSテレビ

最終更新:8/19(月) 16:09
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事