ここから本文です

韓国金融当局、金利デリバティブ商品を調査 大損の恐れ

8/19(月) 19:39配信

ロイター

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国の金融当局は19日、銀行や証券会社が主に個人投資家に販売した約8224億ウォン(6億7980万ドル)相当の金利デリバティブ(金融派生商品)を調査すると発表した。投資した資金ほぼすべてが失われる可能性があるという。

金融監督院(FSS)は、調査対象となるのは、独10年債利回りに連動したデリバティブなど。ウリィ銀行、KEBハナ銀行、国民銀行、国内証券3社が188の法人顧客、3654人の個人投資家に販売した。調査は今月開始するとしている。

3銀行のコメントは得られていない。

最終更新:8/19(月) 19:39
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事