ここから本文です

くまだまさし「反省を忘れず、応援してもらえるように頑張る」 謹慎解除で舞台復帰

8/19(月) 14:38配信

スポーツ報知

 闇営業で反社会的勢力の会合に出席し、金銭授受があったことで謹慎処分を受けていた吉本興業のタレント・くまだまさし(46)が19日、東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で行われた午後2時の公演で復帰した。

 大歓声で迎えられた、くまだは「温かすぎて、逆にやりづらいです」と苦笑。「今回は世間の皆様、関係者の皆様にご迷惑をおかけしました。詐欺被害に遭われた方でご不快に思われた方に申し訳ございません」と謝罪した。ネタに入る前に「空気を変えたい」と一度、ステージ脇に退いた。

 再登場すると「ネタは謹慎前と同じです」と宣言。仕切り直しのステージでは、お尻からクラッカーを鳴らす定番ネタで会場を沸かせた。鼻でゴム風船を膨らませるネタを失敗して「久しぶりなので…」と笑わせる場面も。約10分間のステージで「本当に温かいお客様でありがとうございます」と感謝。「反省の気持ちを忘れず、おこがましいですが、応援していただけるように頑張ってまいります」と決意を示した。

 すでに11人は吉本が導入したコンプライアンス順守などを求めた「共同確認書」にサインを済ませている。11人は7月末から自主的に社会貢献活動として都内の繁華街などの清掃活動を行い、その活動後の流れで今月16日には大阪の、翌17日には東京の劇場を訪れ関係者、先輩・後輩タレントに騒動のおわびをしていた。

最終更新:8/20(火) 6:39
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事