ここから本文です

任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」

8/19(月) 17:30配信

ねとらぼ

 任天堂が6月7日に「草(クサ、ソー)」を商標出願していたことが、特許情報プラットフォームで分かりました。「草を商標出願」の破壊力に、一部のネット民は「草」「これは草生える」「草草の草」と、一斉に笑いの草を生やしています。

【画像】出願の詳細にはぽつんと「草」の1文字

 当該の出願には、「ポケットモンスター」や「ポケモンカードゲーム」の開発に関わるゲームフリークとクリーチャーズが連名。商標の区分は「ゲーム用具、ゲーム用トレーディングカード、カードゲーム用具及びその附属品、カードゲームおもちゃ及びその附属品」などとされており、ポケモン関連玩具を展開するうえで必要になった出願と推測されます。

 なお、同社は「雷」「悪」「炎」「鋼」「水」「超」「闘」といった言葉でも、同様の出願をしています。

ねとらぼ

最終更新:8/19(月) 17:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事