ここから本文です

“メタル”奪い合う学園ドラマ、銀岩塩のオリジナル新作「ABSO-METAL」

8/19(月) 18:15配信

ステージナタリー

銀岩塩「『ABSO-METAL』~価値×時間=幸せのメダル~」が、9月4日から8日まで東京・こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロで上演される。

【写真】正木郁(メディアギャラリー他7件)

「『ABSO-METAL』~価値×時間=幸せのメダル~」は、岩田有弘率いる銀岩塩のオリジナル新作。才能・容姿・財産・生命力が“アブソメタル”として換算され、絶対的な価値を持った学園を舞台に、転校してきた主人公・ルカと、学園を支配する生徒会長・ナイゼルの物語が描かれる。

去る8月13日に行われた本作の製作発表記者会見には、出演者から正木郁、伊藤萌々香(フェアリーズ)、遊馬晃祐、高崎俊吾、丹羽絵理香、LILY、ビーナス・アンジェリック、岩田、和泉宗兵、演出も務める井上正大、そして音楽を手がける川島大樹が出席。ルカ役の正木は「劇中ではメタルを奪って能力を得たり、メタルを何かに換えたりするのですが、そのメタルを奪い合うためにアクション、歌、ダンス、映像を使うシーンが展開します。いろんな方面からのエンタテインメントをお届けできれば」と意気込みを述べる。

ヒロインのヴィヴィアンを演じる伊藤は、「ヴィヴィアンはルカの幼なじみで、ルカへの一途な気持ちを皆さんに観ていただけたらと思います。また、ヴィヴィアンは歌の才能を持っているので、そこがどう表現されるかも楽しみにしててください」とアピール。本作の演出と、ナイゼル役を務める井上は、「今回、色とりどりなキャストが集まって、スタッフも含めて最強チームなんじゃないかと思っています」と自信をのぞかせ、「前作でも映像など、さまざまなエンタテインメントを詰め込みましたが、今回はそれを超えられるような作品にしたい」と真摯に語った。

「銀岩塩旗揚げ公演以来の完全オリジナル作品」と本作を紹介する岩田は、「この公演が成功したらシリーズ化していきたいですね。井上くんとも話したのですが、今作の世界やストーリー、キャラクターは無限に広がるので、もっと大きくなっていくなという期待があります」とコメントした。

■ 銀岩塩VOL.4 FUSIONICAL STAGE「『ABSO-METAL』~価値×時間=幸せのメダル~」
2019年9月4日(水)~8日(日)
東京都 こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロ

脚本:塩田泰造
演出:井上正大

出演:正木郁 / 伊藤萌々香(フェアリーズ)、遊馬晃祐、高崎俊吾、丹羽絵理香 / 磯原杏華、doNcHY..、LILY、ヤバイ仮面 / 南誉士広、佐藤一真、佐藤大介 / 五代新一、桜樹舞都、淡海優、酒井颯斗 / 手塚早愛、RYU 龍 / EGA、橋本有一郎、ヨッシ、SHUTO / 川島大樹、ビーナス・アンジェリック(映像出演)/ 岩田有弘、和泉宗兵 / 井上正大

※高崎俊吾の「高」ははしごだか、「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

最終更新:8/19(月) 18:15
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事