ここから本文です

京セラドーム大阪で「メルペイ」コード決済が利用可能に 200円引きキャンペーンも

8/19(月) 20:02配信

ITmedia Mobile

 メルペイは、8月16日に大阪シティドームが運営する「京セラドーム大阪」でコード決済の提供を開始した。同日開催のオリックス対ロッテ戦から利用できる。

 利用可能な範囲は、ドーム2階のケンタッキーフライドチキン、パノラマドームレストラン アサヒ、杵屋、STAR DINER、CLUB STADIUM、ドーム球場内全ての場内飲食売店、売り子販売のビール、チューハイ販売。飲食ワゴン販売や、ソフトドリンク、アイスなどの売り子は除く。

 また、ドーム2階とドーム球場内は店鋪読み取り方式(CPM方式)となり、「iD」の支払はできない。売り子販売はユーザー読み取り方式(MPM方式)での支払いとなる。

 これに合わせ、大阪市中央区心斎橋の「たこ焼き甲賀流本店」などでもメルペイを提供開始。8月25日までの期間中、対象商品が200円引きになるなどの特典を受けられるキャンペーンも行う。

 京セラドーム大阪では201円以上の支払いの場合、支払いの後日(9月3日までに)P200のポイントバックを行う。ポイントバックは決済の回数に関わらず期間中1人1回のみ。たこ焼き甲賀流本店とNi7 Cafe&Sweetsでは、メルペイのコード払い201円以上の支払いで対象商品が200円引きになる。

ITmedia Mobile

最終更新:8/19(月) 20:02
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事