ここから本文です

山路和弘&朴ろ美が作家と女優の兄妹に、二人芝居「さけび」演出は東憲司

8/19(月) 18:23配信

ステージナタリー

LAL STORY「さけび」が、10月17日から27日まで東京・サンモールスタジオで上演される。

【写真】LAL STORY-sp-「さけび」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

LAL STORYは朴ろ美がプロデュースする舞台制作チーム。今回は同チームによるストレートプレイシリーズの第2弾として、「欲望という名の電車」「ガラスの動物園」で知られるテネシー・ウィリアムズの「さけび」を、劇団桟敷童子・東憲司の演出で立ち上げる。出演には山路和弘、朴が名を連ねた。

作中ではとある劇団の座付き作家兼俳優の兄・フェリースと、看板女優であるその妹・クレアを中心に物語が展開。彼らの劇団はある辺鄙な土地へ旅公演にやって来たが、劇団員たちは「あなたと妹さんは──狂っている!」と署名入りの電報を残し、全員が姿を消してしまった。フェリースは嫌がるクレアを説得し、急遽演目を「二人だけの芝居」に変更して幕を上げるが……。

チケットの先行抽選受付は8月25日11:00から9月1日23:59まで受け付けられ、一般販売は9月7日11:00にスタート。

■ LAL STORY-sp-「さけび」
2019年10月17日(木)~27日(日)
東京都 サンモールスタジオ

作:テネシー・ウィリアムズ
訳:大森裕二
監訳:長田光展
演出:東憲司
出演:山路和弘、朴ろ美

最終更新:8/19(月) 18:23
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事