ここから本文です

「このまま消えてしまうのでは」──VTuberの先駆け「キズナアイ」に起きた「分裂騒動」 “1号”の投稿動画減少、ファンの不安に本人や運営元が説明

8/19(月) 23:30配信

ITmedia NEWS

 3Dモデルのキャラクターを用いてYouTubeなどに動画を投稿する「バーチャルYouTuber」(VTuber)。その先駆けの一人である「Kizuna AI」(キズナアイ)に関して、現在“騒動”が起きている。もともと1人だった「中の人」が4人に増え、しかも最初の「中の人」の動画投稿頻度が著しく落ちたからだ。

運営元であるActiv8の声明全文

 ファンからは「このまま最初の中の人が消えてしまうのではないか」「この企画は彼女が望んだことなのか」など不安の声が上がった。これに対し、運営元のActiv8が8月16日に中国・Bilibili動画で声明文を発表。キズナアイさん自身も同日、動画で「私(最初の中の人)が消えてしまうというのはない」と説明した。

 キズナアイに何があったのか。事の始まりから現在までを振り返る。

5月 キズナアイが4人に分裂

 事の始まりは、キズナアイさんが5月29日に投稿した「キズナアイが4人いるって言ったら信じますか? #1」という動画。動画内には従来のキズナアイさん(以降、区別のため1号とする)と、バーチャル空間で動画編集をしているキズナアイさん、ゲーム実況をしているキズナアイさん、踊りを見せるキズナアイさん──と見た目の変わらない4人のキズナアイさんが登場する。

 動画は10番まで続くシリーズとなっており、「見た目が変わったらキズナアイではないのか」「頭のぴょこぴょこを外したらキズナアイではないのか」「声を変えたらキズナアイではないのか」──など、「キズナアイたらしめるものは何か」を問いかける。

 このシリーズの投稿以降、投稿動画には複数のキズナアイさんがしばしば登場するようになった。

6月 誕生日イベントで1号さんが胸中を吐露

 1カ月後の6月30日には、キズナアイの誕生日イベント「A.I. Party!2019 ~hello, how r u?~」が開催され、壇上で1号さんは「私(キズナアイ)の可能性を広げていくためにこの決断をした。迷いはないが、皆を不安に思わせることも分かっていた。正直すごく不安もあった」と経緯を説明した。

 5月末に突然始まった「分裂」に動揺するファンに対し、1号さんが自身の考えを初めて説明する機会となった。

 「絶対に私(1号)は消えない。今回のことで離れていってしまう人もいて寂しい……。言葉にこんなに詰まるのは初めてで。ずっと好きでいてとは言わないので、どこかで見ていてほしい」と、複雑な胸中を吐露した。

 同イベントでは、「4人目のキズナアイ」として、中国語を話すキズナアイさん(以下、4号)も登場した。

1/3ページ

最終更新:8/19(月) 23:30
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事