ここから本文です

田中恒成 甲子園で活躍の母校・中京学院大中京にあやかり7回KO!?

8/19(月) 17:20配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

【写真】七回に一挙7点で逆転した中京学院大中京

 世界最速タイで3階級制覇を成し遂げたWBO世界フライ級王者の田中恒成(24)=畑中=が19日、同級1位ジョナサン・ゴンザレス(28)=プエルトリコ=との防衛戦に向け、名古屋市内の所属ジムで練習を公開した。シャドーとミット打ちを1ラウンドずつと軽めの調整で「そろそろ試合が近付いてきたなという感じ。スピードのある選手だが、スピードで上回って必ずKOで勝ちたい」と意気込んだ。

 母校の中京学院大中京(岐阜)が夏の甲子園で初のベスト4に進出する快進撃を続けている。18日の作新学院(栃木)との準々決勝もテレビ観戦したという田中は「(減量で)つらい時期ですけど、ああいう場面で逆転して、ありきたりですが、俺も頑張ろうとやっぱり思いました」と決意を新たにした。

 畑中清詞会長(52)は「7ラウンドを見といてください」と不敵な笑みを浮かべた。中京学院大中京は岐阜大会決勝の大垣日大戦から、2回戦の北照(北海道)戦、3回戦の東海大相模(神奈川)戦まで3試合連続で七回に大量点を挙げて逆転している。準々決勝でも0-3で迎えた七回に反撃の口火を切る2点を奪い、八回の逆転劇につなげており、王者の母校の“ラッキー7”にあやかった7回KO予告も飛び出した。

 田中は「俺は全然関係ない」と苦笑いしつつも、最後は「序盤はしっかり距離を取って、7ラウンドくらいですね」と、畑中会長と足並みをそろえた。

最終更新:8/19(月) 17:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事