ここから本文です

N国党首 ダルビッシュと仲良しに!?…VSマツコの崎陽軒騒動でメール交換

8/19(月) 21:07配信

デイリースポーツ

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、バトル中のマツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」に生出演した19日夕方、同局前に現れ、抗議演説を行った。前週の放送中に続き、2回目。

【写真】警察官も出動するなどMX前は騒然とした雰囲気に

 報道陣やユーチューバーら約200人が集まり、警察官が「5時夢」のスタジオ前の路上に並び、同局前は騒然となった。

 立花氏は同局への批判を強める一方で、13日付の声明動画で「5時夢」のスポンサーである「横浜名物 シウマイの崎陽軒」に対して「不買運動」を宣言したことを猛省。シウマイを手に「僕の勇み足でした。これからも積極的に食べます。崎陽軒さんごめんなさい」と頭をさげた。

 一方で立花氏は、崎陽軒騒動に絡み、米大リーグのダルビッシュ有投手とメール交換を行う機会があったことを明かした。

 ダルビッシュは15日に「崎陽軒に罪はない気がする笑 てか良く新幹線乗るとき買ってたなー。また食べたい」とツイート。その後、N国側がSNSでテレビ局には法的に政治的公平を守る義務があることを伝えていた。

 この日、立花氏は「ダルビッシュ有さんも、本当に素直な気持ちをつぶやいただけだと」と、3回ほど、ダルビッシュとメールのやりとりを行ったことを明かした。

 ダルビッシュからは、立花氏の動画を再生回数が1000回くらいの時から見ており「1人で戦ってる方だというイメージがあります」とのメッセージも届いたという。互いにエール交換を行ったという。

 マツコは7月29日の同番組でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろう」などと発言。立花氏が「投票した有権者をばかにするのは許せない」として抗議していた。

最終更新:8/19(月) 21:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事