ここから本文です

トゥール、新作に時間がかかり、死の脅迫

8/19(月) 12:13配信

BARKS

トゥールはいよいよ、今月終わり、13年ぶりとなる新作『Fear Inoculum』をリリースするが、前作からあまりにも時間が開いたため、フロントマンのメイナード・ジェイムス・キーナンは死の脅迫を受けたこともあったそうだ。

◆トゥール画像

ドラマーのダニー・ケアリーは、『Metal Hammer』誌のインタビューでこう明かした。「彼(キーナン)には気の毒だと思ったよ。彼はバカな連中から死の脅迫を受けたとさえ言ってた。そいつらは、俺らの勤労モラルをわかってない。このアルバムのような作品はほかにない」「簡単な過程じゃないんだ」

ベーシストのジャスティン・チャンセラーによると、完成間近だと思える段階に達したとしても、何かが納得できず、やり直すということが何度かあったそうだ。

『10,000 Days』(2006年)以来となる新作『Fear Inoculum』は8月30日リリース。先週、トラッキングリスト──「Fear Inoculum」「Pneuma」「Invincible」「Descending」「Culling Voices」「Chocolate Chip Trip」「7empest」、(デジタル・ヴァージョン・ボーナス・トラック「Litanie contre la Peur」「Legion Inoculant」「Mockingbeat」)が発表された。

Ako Suzuki
Photo by TRAVIS SHINN

最終更新:8/19(月) 12:13
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事