ここから本文です

<a-nation 2019>千秋楽「すごく幸せでした!」

8/19(月) 16:15配信

BARKS

ヤンマースタジアム長居を舞台に8月17日、18日にわたり開催された音楽フェス<a-nation 2019>大阪公演。

◆ライブ画像(66枚)

AAAが新曲「BAD LOVE」を初披露した初日のグッドムードを引き継ぐ最終日は、開場中にエイベックス・アーティストアカデミー名古屋校の面々やコケティッシュな魅力の大阪☆春夏秋冬、そして規格外ハイトーン・ボイスの持ち主・Beverlyらオープニングアクトが競演。そんな華やかな開幕を経て、8月18日公演がスタートする。

前日にはAAAとしてトリを務めた末吉秀太が、ソロ名義・Shuta Sueyoshiでトップを担う。トリッキーなリズムにも涼やかにライドし、ひとつひとつのモーションも実に鮮やかで瞬きすら惜しいほど。スイートな歌声で「Run Away」など初っ端から観衆の五感をハックしていった。

BOYS AND MENが「ボイメンが<a-nation>に来たぜ!」と高らかに宣言するや、お祭り感たっぷりのショーが開幕。自転車でヤンチャにステージ中を爆走したり、念入りなコール&レスポンスでの「まえのめりMinority」と、真夏の太陽よりも熱いアクトで席巻していった。

強靭なロックにラップやダンサブルな要素をミックスした9人組、SUPER★DRAGON。「こんな大きいステージに呼んでもらえてありがとうございます!」と朗らかなMCとは裏腹に、全身を揺さぶるタフネスなステップで魅了。また一歩、飛翔を感じる時間となった。

世界照準のシューティングアクト・INTERSECTIONが涼風を吹かせた次は、最強エアーバンド・ゴールデンボンバーのお出まし。“ギターソロ”(=喜矢武豊のソロパフォーマンス)では、丸ごとタコを焼いたタコ焼き屋が開店。樽美酒研二はBOYS AND MENを引き連れTバック一貫で登場するなど、情報量過多・大渋滞のステージングに。圧巻の歌唱力を放つ鬼龍院翔、指揮するように熱く踊り抜く歌広場淳も最大にフザけ倒しアゲ続け、ラストは「10分後にやります!」とのMCどおり「女々しくて」でシメに。 会場が一体化した光景には音楽の根源的なハピネスを感じさせてくれた。

個性ある3声の重なりが心地よいシューティングアクト・THE BEAT GARDENでいよいよ折り返し地点。続いて93年のデビューから現在までダンス・レジェンドとして存在感を発揮するTRFがオン・ステージ。暑さもピークを迎えるなか、伸びやかなYU-KIの歌声が先導する「寒い夜だから…」などウィンターソングで紡ぐセットの爽快さたるや。 DJ KOOのクールネスなラップやSAMら華やかに舞うダンサーと、ひとつ欠けてもTRFではないステージングは、昨今のダンス・グループの礎を見るようだった。

みずみずしい生バンドでの音像が夏空によく映えるシューティングアクト・I Don't Like Mondays.を経て、次なる時間はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。大所帯ながら、一糸乱れぬ繊細さを下支えにしたストロングなパフォーマンスと、白一色の硬派な衣装から漏れ出る色気に会場中の視線は終始ロックオン。ボーカル勢の熱量の高さ、さらにパフォーマー勢の凄みすらあるアクトの化学反応が結実した圧巻の時間となった。

セクシー&ヘルシーな魅力全開に「POP DIVA」から幕開けした歌姫・倖田來未。凛々しく「まだまだこれからや!」と鼓舞したかと思えば「め組のひと」ではキュートな“め!”ポーズをキメるなど、くるくる変わる表情には誰もが首ったけだ。ファンをステージへ上げるサプライズもあり、ショーマンシップたっぷりに駆け抜けた全8曲。ボーカリスト、ダンサー、そしてプロデュースと全方位において発揮されたエンタテイナーとしての無限の可能性を見た夜となった。

赤のライトで染め上げられていく会場に、最終日のヘッドライナー・東方神起が姿を現す。ド頭「Jungle」ではギラリと狙いを定める獣のように、強い意志を宿した瞳で瞬時に広大な会場を我がものにしていく。そんなアグレッシブな開幕とは打って変わって、「Road」などハートウォームな世界を柔らかく歌唱。改めてその振り幅の広さに驚かされる一方、MCでは嬉しい話題も。

「6年ぶりの長居! 暑さが心配でしたが、待っててくれてありがとう!」(チャンミン)。
「10月には新しいアルバムを発売します。『XV』というたくさんの気持ちを込めた作品」(ユンホ)

と、日本デビュー15周年の節目に弾みをつけるグッドニュースに加え、同作を携えたツアーも決定に。また彼らに会える歓喜にわくも、間髪入れずスリリングな「Jealous」を放出。さらに2台のトロッコで会場を周回し、ご機嫌な「Hot Hot Hot」をお見舞いするや、花火も打ち上がる。「すごく幸せでした! ありがとうございます」(ユンホ)と笑顔いっぱいに、でも時折息を切らしながら語る姿は、全力疾走の証。そんなストイックな姿勢に会場も割れんばかりの喝采で応える、最上のエンドマークとなった。

体感温度、沸騰レベルの<a-nation 2019>。強力アクトたちに再び会えるその日を、今から楽しみに待ちたい。

取材・文◎後藤愛

最終更新:8/19(月) 16:15
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事