ここから本文です

難しい妊娠報告のタイミング、一人目よりも気を遣う「二人目報告」で起きたトラブル

8/19(月) 11:30配信

ファンファン福岡

 自分の友達やママ友への妊娠報告って、いつすれば良いのか迷いませんか? 1人目のときは、「結婚して次は子ども!」という周りの雰囲気もあり、あまり気を使わずに妊娠報告ができたのですが、2人目となると事情は変わり…。そんな私の2人目の妊娠報告についてのエピソードをお話ししたいと思います。

 私が2人目を妊娠したときのことです。当時、周囲のママ友には2人目が欲しいけれどなかなかできないという人が数人いたこともあり、「報告は安定期に入ってからにしようか…」と何となく報告を先延ばしにしていました。

 そんなある日、子育てサロンで子どもたちと遊んでいると、顔なじみのママ友親子が数組やってきました。ママ同士で話をしていたところ、話の流れで、あるママ友がダイエットを頑張りたいと言い出しました。すると他のママ友も乗り気になり、「みんなで頑張ろう!」という雰囲気に。そしてダイエットのグループLINE(ライン)を作ることになったのです。

 その場ではグループLINEは作られなかったので、どうなるかと様子を見ていたのですが、ある日私にもそのダイエットのグループLINEへの招待が届きました。私はそのとき、ママ友たちに2人目の妊娠報告をしていませんでした。まだ妊娠初期の段階でこれから無事におなかの子が育つかも分からなかったし、しばらくは話さずに過ごそうと思っていましたから。まあとりあえず参加してみようと思い、軽い気持ちで招待を受け、グループに参加しました。

 するとそこでは、毎日の体重の増減や食べたもの、自分が行った運動などの報告が熱心に行われていました。予想を上回る本気度合いに一瞬マズイと思ったものの、参加してしまった手前すぐには妊娠報告ができず…。みんなの様子をうかがいながら、控えめに報告をしていました。

 妊婦となり、違った意味で体重管理や食事管理は必要でしたし、まあいいか、と初めは思っていたのですが、次第にママ友たちの「ダイエット頑張ろう!」という熱心な雰囲気に耐えられなくなってきたのです。

1/2ページ

最終更新:9/3(火) 12:56
ファンファン福岡

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事