ここから本文です

フィジー、ラグビーワールドカップ代表スコッドを発表

8/19(月) 11:31配信

J SPORTS

8月16日、フィジー代表はラグビーワールドカップ日本大会のスコッド32名を発表した(最終登録は9月2日、1人はバックアップメンバーとなる予定)。

ジョン・マッキーHC(ヘッドコーチ)は、「この選手の選考がベストな状態であり、プールDのプレーオフ進出に挑戦する可能性があるメンバーだと思っている。選手たちはワールドカップでフィジーを代表する責任を忘れないようにしてほしい」と述べた。

続いてニュージーランド人の指揮官は「(初戦の)ワラビーズ(=オーストラリア代表)との開幕戦まであと35日となった今こそ、大会でのパフォーマンス目標を達成するための準備を最終段階に入る。

メンバーが決まったことで、ワールドカップの準備に100%集中できるだろう。ただ、特別なことを成し遂げるには、努力と献身あるのみだ」と強調した。

フィジー代表チームは、ワールドカップ3度目の出場となる5人の選手、2大会目となる11人の選手、初出場15人という構成で、若さと経験のバランスが良くとれていると言えよう。また、リオ五輪セブンズの優勝メンバーからは4人が選出された。

パシフィックネーションズ・カップで来日しなかった3人、日本代表のリーチ マイケルの親戚SH(スクラムハーフ)ニコラ・マタワル、CTB(センター)セミ・ラドラドラ、WTB(ウィング)ジョシュア・ツイソバも選出。

ただ、クボタでプレーしていたWTBパトリック・オズボーンは残念ながら選外となった。

フィジー代表はこれから10日間のキャンプに入り、8月31日にはニュージーランドのイーデン・パークで大会前最後のテストマッチとなる、トンガ代表戦を行う。

そして、再び9月2日にナンディに集まり3日に壮行会、そして6日に日本に向けて出発する。

ワールドカップ フィジー代表 プールD試合日程

9月21日(土)vs. オーストラリア代表(北海道・札幌ドーム)
9月25日(水)vs. ウルグアイ代表(岩手・釜石鵜住居復興スタジアム)
10月3日(木)vs. ジョージア代表(大阪・花園ラグビー場)
10月9日(水)vs. ウェールズ代表(大分・大分ドーム)

1/2ページ

最終更新:8/19(月) 11:31
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事