ここから本文です

子どもたちが化粧地蔵のお色直し 少子化で公募、8年ぶりに

8/19(月) 8:02配信

両丹日日新聞

 京都府福知山市大江町毛原で、途絶えかけていた「化粧地蔵」のお色直しが17日に行われた。小学生たちが地元住民と一緒に、きれいに塗り直した。

 化粧地蔵は公会堂近くの三差路の隅にあり、全部で6体が鎮座。以前は8月23日の地蔵盆の日に、地元の子どもたちが絵の具で色付けしてきた。

 近年、地区内では子どもが少なくなってきたため、8年前に色付けされて以来、そのままの状態だった。

 地元自治会(櫻井一好自治会長)などが、色付けをしてもらえる子どもたちを募集したところ、綾部市内の小学生5人が参加することになった。

 作業のため6体の地蔵をほこらから近くの空き地に移動。住民約15人が布で汚れをふき取ったあと、子どもたちが白、赤、黄など6色の水彩絵の具を使い、筆で色付けしていった。

 大人に手助けしてもらいながら、地蔵の本体や後光の部分を鮮やかに塗った。約1時間30分の作業で見違えるように美しくなり、ほこらに戻した。

 豊里小学校5年の中川翔太郎君は「はみださないように塗るのが難しかったけど、楽しかったです」と話していた。

最終更新:8/19(月) 8:02
両丹日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事