ここから本文です

三井物産、鉄鋼原料安定供給体制強化へ 鉄鉱石新鉱区を開発

8/19(月) 11:28配信

日刊産業新聞

 三井物産は中長期で鉄鋼原料の安定供給体制を強化する。鉄鉱石は伯ヴァーレ、英リオ・ティント、豪BHPの大手資源サプライヤー3社との連携を軸に供給力の一層の拡充を目指す。生産量の維持・拡大に向けてそれぞれのオペレーターと30年先をにらんで新鉱区開発に取り組んでいる。石炭事業の原料炭は需要の拡大に併せ、モザンビークでの増産を軸に、豪州の炭鉱を含めた既存事業で供給拡大を進める。

最終更新:8/19(月) 11:28
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事