ここから本文です

メドヴェデフがマスターズ初V、全米OPへ弾み<W&Sオープン>

8/19(月) 7:31配信

tennis365.net

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス決勝が行われ、第9シードのD・メドヴェデフ(ロシア)が第16シードのD・ゴファン(ベルギー)を7-6 (7-3), 6-4のストレートで破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初優勝を果たした。

【錦織に「負けたと思った」とメドヴェデフ】

準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を下していたメドヴェデフは、この日ファーストサービスが入った時に90パーセントの高い確率でポイントを獲得。サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップの第10ゲームではゴファンにブレークポイントを握られたが、ピンチをしのいで1時間39分で勝利。

2月のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)に続き今季2勝目、キャリア通算5勝目をあげて、26日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)へ弾みをつけた。

一方、敗れたゴファンは「ATPマスターズ1000」初のタイトル獲得とはならなかった。

最終更新:8/19(月) 7:31
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事