ここから本文です

ここまで変わるとは… トボけていた「夏オンナ」の驚きの差し脚【北九州記念回顧】

8/19(月) 13:56配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 テンの3ハロン32秒7というラップは、このレースとしてはそこまで速い数字ではないが、例年よりも時計のかかる馬場で1分8秒2の決着だったことを考えれば、相当な激流だったと言える。

 ダイメイプリンセスは、2着だった昨年よりも後方のポジションで、枠なりに外を回っての追走となったが、展開がハマった上に、馬場のいい外目を走れたことも結果的に良かったのだろう。典型的な夏馬だが、前走のアイビスSDは不利な内枠もあったとはいえ、馬自体の走りもまだトボけていただけに、ここまで変わるとは正直驚いた。小倉コースの適性も高いと言えるが、55キロという牝馬としては楽ではないハンデを背負っての激走には頭が下がった。

 2着ディアンドルは、今日の厳しい流れの中で、好位から馬場の荒れたインを通ったことを考えても、負けて強しと言える内容。連勝が止まったとはいえ、初の古馬相手にここまで走れば前途洋々だ。

 3着アンヴァルは、この馬としては後ろ過ぎた位置取り自体は、展開的に良かったと言えるが、直線で進路を探しながらスムーズに捌けなかった点が悔やまれる。勝ち馬の進路を選択できていれば、差し切っていた可能性もある。

 4着モズスーパーフレアも、今日の流れを3番手で運んでの掲示板確保なら悲観すべき内容ではない。ただ、理想はハナへ行き切る形であることも確かだろう。

 5着ミラアイトーンは、この速い流れでも序盤は鞍上が抑えるのに苦労したほど。今後へ課題を残す結果となったが、重賞を勝つ力は間違いなくある馬だ。

 ファンタジストは、小倉2歳Sの勝ち馬だけに、距離もコースも問題はなかったはずだが、今日のところは久々の1200m戦で全く付いて行けなかった。

最終更新:8/19(月) 13:56
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事